三つの国際ブランドから法人用のデビットカードを選ぶ


国内のカード会社による国際ブランドの弱点とは

法人用のデビットカードにはクレジットカードの国際ブランドがついています。種類としては三つで、それぞれ多少の違いがあります。では、国際ブランドの違いを踏まえてデビットカードを選ぶ場合、どういった点に注意すればいいのでしょうか。まず、三つの国際ブランドのうち、一つは日本のクレジットカード会社によるものです。

したがって、デビットカードの利用がほぼ国内で、オンラインショップで利用する場合も国内のショップのみというのであれば、国内の会社による国際ブランドでも問題ないでしょう。ただ、デビットカードを利用するのが思いに海外というのであれば、このブランドのカードをメインとして持つことはおすすめしません。もちろん、国際ブランドなので海外でも利用できますが、国内と比べるとやはり加盟店が少ないのです。

デビットカードにもプラチナカードが存在する

二つの国際ブランドは海外の会社によるものなので、海外で利用するならこの二つのどちらかのデビットカードを作った方がいいでしょう。ちなみに、海外の会社によるブランドだからといって、国内の加盟店が著しく少ないということはありません。その点では、国内でも国外でも利用できるメインカードとしても選べます。利用代金の還元率という点では、三つの国際ブランドはそれほど大きな違いはありません。ただ、一般カードとプラチナカードの区別があり、プラチナカードだと空港のラウンドを利用できるといった特典がついていることもあるので、こうした違いをポイントに選ぶのもありといえます。

起業して間もないケースでは法人 クレジットカードが作れないことがありますが、法人 デビットカードなら作れることが大半です。